話題になったプロバイダ責任制限法とは

法律やルールは時代背景や時勢の変化と共に改定されていきます。
中でも話題になったのが2013年に施行されたプロバイダ責任制限法です。
サイトに違法な内容が書き込まれた場合、その投稿によって権利を侵害された第三者より投稿者の情報を開示するように請求できます。
運営側は迅速な対応を求められますが、一方的に投稿者が悪いと決めつける事が出来ない場合も多々あるそうです。
運営者は投稿者や情報開示請求者に対して開示する事に同意を求めなくてはならないのです。
もちろん、投稿者からの回答が得られないケースも多々あります。
そういった場合は運営者が1~2週間程度経過して投稿者からの回答が無かった場合、投稿者の明示的な同意なしで情報開示請求者に対する回答を検討する事が出来るそうです。
しかし、選挙などにおいては運用が異なり、1~2週間過ぎてしまうと選挙が終わってしまいます。
その為、候補者が情報開示請求に対して、投稿者からの回答を待つ期間が2日に短縮されます。